~不動産売却の悩み~古い物件はリフォームしてから売ったほうがいい?
みさと不動産プラスが不動産売却の悩みを解決!
みさと不動産プラス株式会社
不動産売却の悩みを相談したい

Worry

古い物件はリフォームしてから売ったほうがいい?

不動産の売却を考えているが、長年住んできたお部屋はだいぶ傷んだり、汚れたりしているから、このまま売ることってできるのかな??やっぱり、リフォームしてから売ったほうがいいのかな?

とお悩みのお客様は多いのではないでしょうか?しかし、

 

基本的に売却前のリフォームを提案することは、みさと不動産プラスではまずありません!

 

それはなぜなのか?

古い物件はリフォームしてから売ったほうがいい?

リフォーム代金を全額回収するのは難しい

中古物件を売るときに必ずリフォームをしなくてはいけないという決まりはありません。しかし、その場合、購入希望者がリフォームをすることになりますので、

売買価格+リフォーム代=購入者の物件価格 

になります。

そのため、早期売却を目指すなら価格は多少安めに設定するのが一般的です。かといって、リフォームをしたからと言って高く売却できるわけではありません。ほとんどの場合、リフォーム代金を全額回収することは難しいと思います。

売主様は損をすることになってしまうので、基本的にリフォームを提案することは、当社ではまずありません。

ただし、場合によっては設備の修繕・ハウスクリーニングはご提案させていただいております。

リフォーム代金を全額回収するのは難しい

お金をかけずに物件をよく見せる方法は?

【売主様がご内覧時にするべきこと】

 

①売主様自らが物件内を清掃・整理整頓

これは基本ですね!整理整頓・掃除は一番大事です。特に、水回りの掃除は念入りに!!購入希望者はキッチン・お風呂・トイレ・洗面化粧台の水回りは念入りに見学されます。

 

②お客様内覧時にはすべての電気をつける

陽当りの良い日中でも、お部屋の中のすべての照明はつけておきましょう!特に油断するのが玄関の照明です。ここは絶対点灯です!一番最初に見るのが玄関ですから。入った瞬間「暗い」と思われたらそこでもうお部屋の印象が決まってしまします。お金がかかてしまいますが、照明を明るいものに変更するのもお部屋明るく見せるポイントです。

 

③夏、冬の時期は空調調整も必要(ゆっくり見ていただくために)

寒かったり、暑かったりすると、ゆっくり見学ができませんから、検討対象になることもまず、ありません。

 

④上下隣接住戸、買い物施設、駅までの夜道、近道などはよく質問されますので、返答の準備

住みながら売却する場合の良さは、なんといっても、実際に住んでいる人からいろいろな情報をもらうことができることです。住み始める前に知っておきたい情報がもらえるので、購入希望者は安心できます。

など準備をしておくと成約率は大幅にアップします!

お金をかけずに物件をよく見せる方法は?
三郷市の不動産の売却・お悩みの相談は
お気軽にお電話でご連絡ください
048-960-0212 048-960-0212
9:30~20:00

中原 大介

代表取締役
三郷市の不動産の売却は私がご担当いたします

1979年7月生まれ 生まれて今まで三郷市在住・2児のパパです。 吹上小学校~前川中学校と生粋の三郷っ子です!大好きな三郷市の良さをお客様にも伝えたい! また、25歳から不動産に携わっており、色々な仕事や経験を重ね、皆様には角度をかえたアドバイス、安全・安心なお取引が出来ると思います。皆様とお会いできるのを楽しみにしています!

1810027
Access

事務所は駅からすぐ近くのビル内にあり通いやすいと好評をいただいています

概要

会社名 みさと不動産プラス株式会社
所在地 埼玉県三郷市早稲田1-1-1KTT10ビル4階
電話番号/FAX 048-960-0212/
048-960-0213
営業時間 9:30~20:00
定休日 水曜日
最寄り JR武蔵野線三郷駅より徒歩1分

アクセス

事務所は、武蔵野線・三郷駅から徒歩1分の通いやすい立地にございます。会社は少数精鋭で運営していますので、できるだけお客様をお待たせしないためにもご来店時はぜひご予約をお願いいたします。ご予約はお電話でも可能です。
お客様からのご質問コーナー

Q

まだ売るかわからなくても相談できますか?

A

もちろんです。まずはお気軽にご相談ください。

Q

査定の日数はどれくらいかかかりますか?

A

原則当日回答いたします。マンションであれば原則3時間以内に回答いたします。土地・戸建の場合は、法務局調査・現地確認をしないと誤った提案をする恐れがありますので、2日頂けれると幸いです。

Q

簡易査定と訪問査定(実査定)の違いは何ですか?

A

簡易査定は机上査定といわれるデータで算出する査定方法です。 「周辺の相場」「基礎データ」を参考に、不動産会社がデータ情報を基に、査定価格を算出します。そのため、実際の不動産価格と誤差が生じる場合があります。訪問査定は不動産会社の担当者が現地を訪問・調査した上で、「基礎データ」「現地の状況」の二つの視点から査定をします。具体的にご売却をお考えの方は訪問査定をお勧めします。

Q

住みながら売却することはできますか?

A

実際にお住まいをご売却される方の多くが、住みながら売却をされています。売却が決まってから引っ越し先をお探しになられる方も多いです。

Q

販売活動は、どんなことをしてくれるのですか?

A

新聞折込チラシや周辺エリアへのチラシ投函などはもちろんのこと、自社ホームページ、ポータルサイトの広告掲載および空室の場合はオープンルーもを実施します。

Q

現在住んでいる家の住宅ローンがまだ残っているのですがお買い替えは可能でしょうか?

A

 

ローンが残っていても、お買い替えはできます。ローン残債・お住まいの査定額と自己資金などでお買い替えの手段は色々ございます。お気軽にご相談ください。
 

Q

査定をお願いすると売らないといけないのでしょうか?

A

そんなことはございません。売る、売らないはお客様の判断ですので、今後の参考に査定依頼する方も多いです。

Q

査定は無料ですか?

A

実際にご売却を検討される方も、今後の参考にための査定も、無料で査定依頼サービスをご利用いただけます。査定依頼サービスをご利用ください。

Q

査定価格はどのように算出するのですか?

A

「取引事例比較法」により査定します。路線価や近隣の過去の売買事例・成約事例を基に、相場だけではなく、築年数や建物のコンディション、立地条件、などを組み合わせて査定を算出します。

Q

媒介契約の違いはなんですか?

A

宅地建物取引業法には、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があります。

【 専属専任媒介契約】
媒介を依頼した業者以外への依頼はできません。依頼者が自分で買主を探した場合でも、依頼した業者の仲介で売買契約をしなければなりません。依頼を受けた業者は、契約締結日の翌日から5日以内(休業日を除く)に指定の流通機構(レインズ)に登録し、契約先を見つけることが義務付けられています。 そして、売却活動の状況を1週間に 1回以上、文書等で依頼者に報告をしなければなりません。


【専任媒介契約】
専属専任媒介と同様に、媒介依頼は一社だけに限られます。依頼者が自分で買主を探した場合には、その人と直接売買契約することが認められます。また専任媒介の依頼を受けた業者は、7日以内(休業日を除く)に指定の流通機構へ登録し、広く他の業者にも知らせて売買の相手を早く見つけることが義務付けられています。そして、売却活動の状況を2週間に 1回以上、文書等で依頼者に報告をしなければなりません。


【一般媒介契約】
複数の業者に媒介を依頼できる制度です。依頼者が自分で買主を探した場合はその人と直接売買契約することが認められます。売却活動の状況報告の義務はありません。

RELATED

関連記事