離婚による不動産の売却に困らないために!注意するポイントは?
基本的には「売却」することをおすすめします!その理由は?
みさと不動産プラス株式会社
知り合いに相談しずらい離婚の話

離婚する時の不動産売却をすすめる理由

【1】財産分与の対象となるため、不動産はそのままでは分配できない

 

財産分与:結婚生活中に夫婦で協力して貯めた財産は、離婚の際にそれぞれの貢献度に応じて分配する。

財産分与の際に、不動産はこのままだと分配することができませんので、売却して現金化することにより、資産を分け合うことができます。

売却せずに、そのまま名義人が住む場合は、相手に分配分を支払わないといけません。

その分の現金がある場合、売却はしなくても財産分与は可能ですが。

 

【2】住宅ローンを売却することで完済できる

 

離婚する時に、住宅ローンがまだ残っている場合は、売却することで住宅ローンを完済することができます。

住宅ローンの組み方によっては、夫婦間で連帯債務や連帯保証人になっている場合もあります。連帯債務や連帯保証は離婚をしたからと言って解消されるものではありません。

住宅ローンを完済して、初めて解消される関係にあります。

そのため、財産分与で不動産分をもらったからと言って、住宅ローンを残していると、

相手が万が一、支払を滞納した際に、請求がくることもありますのでご注意ください。

住宅ローンをそのまま残す場合は、契約内容がどのようになっているか、再度確認することをおすすめします。

 

【3】住宅ローンの名義を相手方に変更することは難しい

 

仮に、夫が住宅ローンを組んでマンションを購入している場合、離婚して専業主婦の妻にそのまま住んでもらおうと、住宅ローンの名義を変更することは、まず、金融機関は認めてくれません。

妻に収入があり、住宅ローンを組める場合を除くと、まず難しいと思ってください。

このことから、住宅ローンの名義人ではない人が住み続けるのは難しいため、離婚する時は不動産を売却するほうがいいと思います。

 

【4】債務超過の場合は、不動産の売却に注意!

 

不動産の売却価格<住宅ローンの残債

の場合は売却方法は注意が必要です。

住宅ローンの残債が上回る場合は、売却後の不足分を自己資金で返済しないと売却はできません。

不足分を無担保ローンとして残せる方法に、「任意売却」がありますが、一定期間支払いを滞り、金融機関は任意売却を認めて場合しか利用することはできません。

また、任意売却ができたとしても、個人情報機関に履歴が残ってしまうため、5年以上はカードを作ったり、再度住宅ローンの融資を受けてりすることが不可能になります。

新しいパートナーとのお家を購入することが出来なくなるということです。

 

【5】売却した後もそのまま住みたい!リースバックによる売却

 

リースバックは、自宅である不動産を第三者に売却して、新所有者と賃貸借契約を締結することで賃貸として、同じお部屋に住み続けることができる仕組みです。

リースバックであれば、上記の問題をすべて解消することができます。

住宅ローンが完済でき、かつ連帯保証関係も解消できます。

ただし、リースバックを承諾してくれる購入者が少ないというのがデメリットです。

リースバックを承諾してくれる購入者は、ほぼ投資家になりますが、購入者側はあくまで投資目的ですので、購入希望金額は低くなることがほとんどです。

その場合、上記のような債務超過が起きることもありますので、ご注意ください!

ただ最近は、投資家以外にも、不動産会社がリースバックを目的とした買取をしているところが増えています。

 

 

このように、離婚する時の不動産売却は住宅ローンの債務超過が起きないことが大事です。

みさと不動産プラスでは、できるだけ手取り金額を多くしてもらいため、

売却仲介手数料を最大50%OFFになっています!

是非、離婚で不動産を売却するかお悩みの方がいましたら、

お気軽にご相談いただければと思います。

知り合いにはなかなか相談しずらい離婚のこと
お気軽にお電話でご連絡ください
048-960-0212 048-960-0212
9:30~20:00

中原 大介

代表取締役
不動産売却のお悩みは私がご担当いたします

1979年7月生まれ 生まれて今まで41年間三郷市在住・2児のパパです。 吹上小学校~前川中学校と生粋の三郷っ子です!大好きな三郷市の良さをお客様にも伝えたい! また、不動産に携わって16年になります。色々な仕事や経験を重ね、皆様には角度をかえたアドバイス、安全・安心なお取引が出来ると思います。皆様とお会いできるのを楽しみにしています!

1810027

みさと不動産プラスの

3つのお約束

01.

Promise

100%理解できる説明を!

不動産購入・売却初めての方にも100%理解できる説明をいたします。

不動産の購入・売却は人生で何度もあることではありません。ほとんど人が人生に1度か2度だと思います。聞きなれない用語が多い不動産取引を、難しい専門用語を使わず、分かりやすい言葉を選んでご納得頂けるまでとことんご説明します。安心して取引に臨んでいただけるよう、徹底サポートします。

100%理解できる説明を!

02.

Promise

お客様から託された物件の思いも伝えます

お客様から託された物件は大切な人を家族に紹介するように物件をご紹介します。思いのこもった大切な家の売却。仲介業は、物件だけでなくその思いも託されること、と考えています。その思いも、次の買主様へ丁寧にお伝えします。

お客様から託された物件の思いも伝えます

03.

Promise

売却・購入したお客様のその先の未来もサポート!

売買したら終わりではなく、その先の未来までもご一緒に思い描けるようなご相談相手として選ばれたいと思っています。大手不動産会社と違い、部署異動がないため、売買が終わった後も、困ったことがあったら気軽にご相談できる関係を築き、末永いお付き合いをしていきたく思います。

売却・購入したお客様のその先の未来もサポート!
Access

事務所は駅からすぐ近くのビル内にあり通いやすいと好評をいただいています

概要

会社名 みさと不動産プラス株式会社
所在地 埼玉県三郷市早稲田1-1-1KTT10ビル4階
電話番号/FAX 048-960-0212/
048-960-0213
営業時間 9:30~20:00
定休日 水曜日
最寄り JR武蔵野線三郷駅より徒歩1分

アクセス

事務所は、武蔵野線・三郷駅から徒歩1分の通いやすい立地にございます。会社は少数精鋭で運営していますので、できるだけお客様をお待たせしないためにもご来店時はぜひご予約をお願いいたします。ご予約はお電話でも可能です。
みさと不動産プラス特徴①

両手仲介にこだわらないから、早期成約!

仲介手数料より「早く成約した!」という口コミのほうが大事!

大手不動産仲介業者は、仲介手数料を多く得たいがために、自社だけで物件を紹介し、他社には紹介しない「囲い込む」ことをしてしまいがちです。
みさと不動産プラスでは、売却の依頼を受けたらすぐに不動産流通機構(レインズ)に物件情報を掲載します。
たくさんの不動産会社に情報が行き届きますので、早期売却が可能になります!(弊社は囲い込み禁止です。

なぜなら、弊社は仲介手数料より「みさと不動産プラスに頼んだら早く成約した!」という口コミのほうが大事だからです。地元密着で営業しているからこそ、三郷市で人気のある不動産会社を目指しています!

 

みさと不動産プラス特徴②

広告活動・物件のアピールに自信あり

SNS・チラシあらゆる方法であなたの物件情報を発信!

みさと不動産プラスでは、あらゆる広告媒体で売主様の大事な不動産を全力でアピールします!

特に、どの不動産会社より、売主様に満足いただける魅力あるチラシを作成する自信があります。どんなに良いお部屋でもアピールの仕方を間違えると、購入希望者を見つけることはできません!

インターネットだけでは、探している方には目にとまりますが、探していない方には目にもとまりません。
だから、チラシもやります!たまたま目について買う気持ちが出てきた!隣のマンションだから両親を呼ぼう!
など探していないお客様にも見ていただきたい!そのためにはチラシも大事です!

また、大手不動産仲介会社では、販売媒体として取り扱わないSNSを有効活用し、どんどん物件情報を発信していきます!若いお客様層には、これが一番効果が発揮されます!

TwitterFacebookYouTubeInstagram

みさと不動産プラス特徴③

地元密着の営業活動

地元三郷市に特化した営業活動で早期成約

当社はJR武蔵野線三郷駅徒歩1分のとこで営業している三郷市の不動産売却・購入の専門会社です。私自身が41年間三郷市で生まれ育った経験を活かし地元に密着した会社としてお客様の良きアドバイザーになれるよう努力してまいります。三郷市にエリアを限定することにより、より有益な情報を発信できる営業活動、積極的な広告活動、圧倒的な集客力で早期売却を多数実現します!
日々寄せられる不動産購入希望の声、その購入希望者様に売主様の物件を迅速丁寧にご紹介いたします。
原則3ヶ月以内の売却をめざして営業活動に励んでいます!

みさと不動産プラス特徴④

三郷市の憩いの場のようなホームページ

物件情報より、地域情報が多いホームページで家を高く売る⁉

ポータルサイトは日本全国いろいろなエリアの物件が探せますので、確かに便利です。

ただ、「この物件いいな!」となってもどんな環境のエリアなのかを知ることはできません。ましてや、地元の人ぐらいしか知らないような情報はわかるはずがありません。

当社のホームページではいろいろなエリアの物件は残念ながら探せません。

しかし、三郷市のことなら、不動産情報以外も地域情報からランチ・居酒屋・小学校・保育園情報まで調べられます!

不動産を売却・購入を検討しているお客様以外にも三郷市の地域情報を見にきていただける数多くのお客様がいます。

不動産を売却するために、一番大事なポイントは、どれだけ数多くのお客様に見ていただけるかになります。

購入を検討している人はもちろんのこと、今は検討していない人にも物件をアピールできるのが弊社のホームページの強みです!

お客様からのご質問コーナー

Q

まだ売るかわからなくても相談できますか?

A

もちろんです。まずはお気軽にご相談ください。

Q

査定の日数はどれくらいかかかりますか?

A

原則当日回答いたします。マンションであれば原則3時間以内に回答いたします。土地・戸建の場合は、法務局調査・現地確認をしないと誤った提案をする恐れがありますので、2日頂けれると幸いです。

Q

簡易査定と訪問査定(実査定)の違いは何ですか?

A

簡易査定は机上査定といわれるデータで算出する査定方法です。 「周辺の相場」「基礎データ」を参考に、不動産会社がデータ情報を基に、査定価格を算出します。そのため、実際の不動産価格と誤差が生じる場合があります。訪問査定は不動産会社の担当者が現地を訪問・調査した上で、「基礎データ」「現地の状況」の二つの視点から査定をします。具体的にご売却をお考えの方は訪問査定をお勧めします。

Q

住みながら売却することはできますか?

A

実際にお住まいをご売却される方の多くが、住みながら売却をされています。売却が決まってから引っ越し先をお探しになられる方も多いです。

Q

販売活動は、どんなことをしてくれるのですか?

A

新聞折込チラシや周辺エリアへのチラシ投函などはもちろんのこと、自社ホームページ、ポータルサイトの広告掲載および空室の場合はオープンルーもを実施します。

Q

現在住んでいる家の住宅ローンがまだ残っているのですがお買い替えは可能でしょうか?

A

 

ローンが残っていても、お買い替えはできます。ローン残債・お住まいの査定額と自己資金などでお買い替えの手段は色々ございます。お気軽にご相談ください。
 

Q

査定をお願いすると売らないといけないのでしょうか?

A

そんなことはございません。売る、売らないはお客様の判断ですので、今後の参考に査定依頼する方も多いです。

Q

査定は無料ですか?

A

実際にご売却を検討される方も、今後の参考にための査定も、無料で査定依頼サービスをご利用いただけます。査定依頼サービスをご利用ください。

Q

査定価格はどのように算出するのですか?

A

「取引事例比較法」により査定します。路線価や近隣の過去の売買事例・成約事例を基に、相場だけではなく、築年数や建物のコンディション、立地条件、などを組み合わせて査定を算出します。

Q

媒介契約の違いはなんですか?

A

宅地建物取引業法には、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があります。

【 専属専任媒介契約】
媒介を依頼した業者以外への依頼はできません。依頼者が自分で買主を探した場合でも、依頼した業者の仲介で売買契約をしなければなりません。依頼を受けた業者は、契約締結日の翌日から5日以内(休業日を除く)に指定の流通機構(レインズ)に登録し、契約先を見つけることが義務付けられています。 そして、売却活動の状況を1週間に 1回以上、文書等で依頼者に報告をしなければなりません。


【専任媒介契約】
専属専任媒介と同様に、媒介依頼は一社だけに限られます。依頼者が自分で買主を探した場合には、その人と直接売買契約することが認められます。また専任媒介の依頼を受けた業者は、7日以内(休業日を除く)に指定の流通機構へ登録し、広く他の業者にも知らせて売買の相手を早く見つけることが義務付けられています。そして、売却活動の状況を2週間に 1回以上、文書等で依頼者に報告をしなければなりません。


【一般媒介契約】
複数の業者に媒介を依頼できる制度です。依頼者が自分で買主を探した場合はその人と直接売買契約することが認められます。売却活動の状況報告の義務はありません。