Blog&column
ブログ・コラム

土地売却は古い建物を残すか壊すか

query_builder 2021/08/08
コラム
architecture-building-house
土地売却したいとき、できるだけいい単価で素早い取引を望みますよね。
また、少しでも高い金額で売るに越したことはありません。
では、建物を古い状態のままの状況のまま売却していいものか確認していきましょう。

▼古家付きのまま売却
土地の上に古い建物が残った状態を、古家付きの土地と呼びます。
本来であれば、どんな建物でも価値があります。
しかしあまりにも古くなると、誰にとっても使い道がありません。
実際に一戸建てで築20年を越えれば、残存価値はほぼゼロとなります。
購入者からみても、古い建物は使い道がなく、残存価値がゼロなのに処分費用がかかるため、
「更地にしてくれれば土地を購入したい」という人も出てくるでしょう。

▼解体して更地で売却
建物を解体して土地だけ売却するケースが増えています。
購入者としては、こちらのほうが便利です。
しかし、売り手としては更地にする分の費用がかかります。

▼更地には減税措置が効かない
土地売却としては、更地が販売しやすいことは間違いありません。
ですが、建物がない状態の土地は、減税対象とならないのです。
1月1日時点で固定資産税は課税されるので、解体し更地にするのか、土地売却のタイミングを含め計画しないと余計に税金を支払うことになります。

▼まとめ
土地はどのような状態で売却するのかで、流動性にも違いが生まれます。
また建物が簡単に解体できない場合もあるかもしれません。
相続で手にした場合など、余計な手を入れたくないケースも出てくるからです。

どのような条件しても購入者のニーズを満たすことが、できるだけ高く売却するポイントになります。
周辺の利用状況も加味して考えていくといいでしょう。

NEW

  • ベトナム料理Himawari(三郷市中央4丁目)アジア系料理の特有のクセがなく食べやすいおすすめベトナム料理♪

    query_builder 2021/11/14
  • 新築戸建は11月までに購入するがいい!すまい給付金が終了します。

    query_builder 2021/11/02
  • 豚ト肴ニッパチ(三郷市早稲田2丁目)浦和レッズの試合を観戦しながらおいしい食事とおいしいお酒♪

    query_builder 2021/10/18
  • 串焼ホルモン長門(三郷市早稲田2丁目)はあっとほーむな雰囲気で1人飲みでも家族飲みにもおすすめです♪

    query_builder 2021/10/15
  • JR武蔵野線「三郷」駅前のワオシティ三郷の跡地の今!

    query_builder 2021/10/09

CATEGORY

ARCHIVE