Blog&column
ブログ・コラム

不動産登記を自分で行なって経費削減

query_builder 2021/04/01
コラム
consulting-for-real-estate-computer-for-website-businessman-businessmen
不動産登記といえば、専門の業者に依頼して行なってもらうのが一般的です。
ですが、 不動産登記法で見れば自分で行なうのを原則としています。
実際にかなりの費用がかかるのが陶器であり、自分で出来ればかなりの節約につながるため、チャレンジしてみるのも良いでしょう。

▼不動産登記を自分でするための準備
不動産登記は、いったい誰のものなのかなどの情報が記載されています。
第三者に対抗するためには、1ヶ月以内に登記することが規定されているのです。
そのため自分で登記をする場合でも、 時間はそうありません。

事前に用意しなければいけない書類が、新築の場合には、申請書と住民票の写しです。
売買による所得権移転登記の場合は、 他に住民確認書類の写しが必要となります。
世帯全員の記載が必要なため、引っ越す場合には先に住所変更をしておくとスムーズです。?

▼何台となる登記の図面
不動産登記を自分で行なう場合一番の問題点は、登記の図面です。
普段書いたことのない人にとって、かなりの難題となります。
図面作成のためには、書類のフォーマットを用意し、各回の平面図を書かなければいけません。

平面図を1/250にコピーし、これを写します。
建物図面は、構造を基に1/500で書かなければいけません。
この時に大切なのはスケールをはっきりさせなければいけないため、三角定規などを利用し正確に書くことです。

▼まとめ
不動産登記を自分でやるだけで、かなりの金額が浮くことは確かです。
しかし、不動産会社などによっては、時間がかかるだけではなく、自社と取引のある司法書士などに依頼する関係が崩れることから嫌がるケースも出てきます。
スムーズに進めるためにも、 事前に自分で登記する旨お伝え、理解し協力してもらう方がいいでしょう。

NEW

  • 【今日から実践!】ご自宅の売却少しでも高く売りたい!売主様にできること!Part②

    query_builder 2021/04/17
  • 【今日から実践!】ご自宅の売却少しでも高く売りたい!売主様にできること!Part①

    query_builder 2021/04/03
  • 住宅ローンの金利は約6割の方が、“変動金利型”を選んでいます。

    query_builder 2021/03/28
  • LINEで売却相談ができます♪

    query_builder 2021/03/25
  • 近日販売“三郷市泉2丁目中古戸建”ご内覧予約受付中!

    query_builder 2021/03/20

CATEGORY

ARCHIVE